関連情報Information of Disaster Prevention

消火器の設置基準について

防火対象物の種類は?

下表でA〜Cの種類から防火対象物の種類を選択して、フロー図に当てはめてください。

種類:Aタイプ

劇場、映画館、演芸場、観覧場/キャバレー、カフェー、ナイトクラブの類/遊技場又はダンスホール/風俗営業店等/地下街、地下道等/重要文化財、重要有形民族文化財、史跡等の建造物、総務省令で定める舟車

種類:Bタイプ

公会堂、集会場/待合、料理店の類/飲食店/百貨店、マーケット、その他物品販売を営む店舗又は展示場/
旅館、ホテル、宿泊所その他これに類するもの/寄宿舎、下宿、共同住宅
病院、診療所、助産所/養老施設、救護施設、更正施設、児童福祉施設、援護施設等、社会復帰施設/
幼稚園、盲学校、聾唖学校、養護学校/
公衆浴場の内蒸気浴場、熱気浴場の類(これをイ項とする)イ項以外の公衆浴場(銭湯・日帰り入浴施設など)/
工場、作業場/映画スタジオ、テレビスタジオ/自動車車庫、駐車場
飛行機又は回転翼航空機の格納庫/倉庫

種類:Cタイプ

小学校、中学校、高校、高等専門学校、大学、各種学校、その他これに類するもの/
図書館、博物館、美術館、その他これに類するもの/車両の停車場、船舶もしくは航空機の発着場/神社、寺院、教会の類/1〜14項に該当しない事業場(事務所)

規制改正による型式失効 (2011年1月1日施行)

2011年1月1日から、消火器の表示ラベルの規格が変更になり、2012年1月1日に旧型式の消火器は※型式失効となります。(設置猶予期間は2021年12月31日まで)

■省令改正の背景
   改正の目的は、「消火器の破裂事故防止」です。


※型式失効とは 規格省令等の改正により、既に型式承認を受けた機器の形状等が規格に適合しなくなり、
        型式承認の効力を失うことを言います。(消火器と認められなくなる。)前回の型式失効は、
        1992年に実施され、その後製造された約6,700万本が型式失効の対象となります。

点検基準改正 (2011年1月1日施行)

総合防災エサキ 〒500-8151岐阜県岐阜市大黒町3丁目1番地TEL 058-246-9373FAX 058-246-2446 お問い合わせはこちら

関連情報

 
災害時のケーススタディ
ブログ
取り扱い商品
企業様向け
個人様向け
ショッピング
買い物の流れ
お問い合わせ
買い物の流れ
 

総合防災エサキ
〒500-8151
岐阜県岐阜市大黒町3-1
TEL 058-246-9373
FAX 058-246-2446

>>詳細はコチラ

お問い合わせ
買い物の流れ