防災訓練Disaster prevention training

防災訓練の必要性

被害予測の難しい災害への対応では、訓練を繰返し行うことにより対応能力を向上させることが大切です。
身体が覚えていなければいざという時に使えません。

1. 実施時期を計画する

年に1回以上、定期的に訓練を行うことにより、社印の防災意識を高めましょう。
例えば、東日本大震災(3月)と防災の日(9月)で実施すれば、年に2回行えます。
時期をを決めずにやろうとすると、優先順位が下がり、いざというときに対応できないということが起こりかねません。

2. 訓練内容を検討する

一言に防災訓練といっても、「避難訓練」「救護訓練」「消火器利用セミナー」など様々な訓練があります。
特に、避難経路の確認や、災害への初期対応などを確認しておくだけでも、大きな被害になることを抑えることができます。
災害時に大きな被害が出るのは、初期対応の遅れによる「人災」なのです。

3. 消防署の協力を受けられます

地域の消防署に申請をすれば、訓練支援が受けられます。
どんな防災訓練を行っていいかわからない、訓練を計画できないなどの相談事は
まず地域の消防署に尋ねるとよいでしょう。

総合防災エサキ 〒500-8151岐阜県岐阜市大黒町3丁目1番地TEL 058-246-9373FAX 058-246-2446 お問い合わせはこちら

防災訓練

 
災害時のケーススタディ
ブログ
取り扱い商品
企業様向け
個人様向け
ショッピング
買い物の流れ
お問い合わせ
買い物の流れ
 

総合防災エサキ
〒500-8151
岐阜県岐阜市大黒町3-1
TEL 058-246-9373
FAX 058-246-2446

>>詳細はコチラ

お問い合わせ
買い物の流れ