知恵袋Tips

消火器の正しい使い方

皆さん、消火器を実際に使ったことありますか???


災害防止の観点からいうと実際に使う機会があっては困るのですが、万一にそなえ消火器の使い方を覚えておいてください。

火災を大きくしないためには素早く消火することが大切です。 炎が天井付近に達するまでは、消火器で炎を消すことができます。

1. 安全栓を引き抜く。

あわてずに、火元から離れた所で消火器上部の安全栓を引き抜きます。

2.ホースをはずし火元に向ける。

燃えている物に近づき(3m〜5m)ホース、ノズルを火元に向ける。

3.手順が入ります

炎・煙に惑わされず燃えている物にホースを向け、レバーを強くにぎり消火剤を出します。(消火剤は出し切りましょう)

災害時の食事について

大規模災害が起きた時 非常食品備蓄=3日分が目安 被災直後の食生活は復旧体制が整うまで、栄養の偏りが予測され、健康への影響が心配されます。

災害を想定し1日の栄養摂取量を考慮したメニュー(当社の本カタログに掲載されている保存食品の組み合せ)
メニューを参考にして、災害時にこそ栄養バランスを考えた非常用食料品備蓄を心がけ、家族構成に応じた備蓄を考えることが重要です。



【避難者献立例】

「朝食」
●クラッカー 88g 430kcal
●コーンポタージュ 190g 89kcal
●ウインナーソーセージ 105g 232kcal
●水
合計:383g 751kcal

「昼食」
●アルファ米五目 100g 384kcal
●おでん 400g 172kcal
●とりそぼろ 50g 90kcal
●水
合計:550g 646kcal

「夕食」
●ビーフカレー 180g 171kcal
●白米 100g 336kcal
●さばみそ煮 180g 691kcal
●水
合計:460g 1,228kcal

【避難高齢者献立例】

「朝食」
●アルファ米梅粥 39g 356kcal
●うの花炒り 65g 154kcal
●フリーズドライみそ汁 10g 37kcal
●いわしかばやき 100g 190kcal
合計:214g 737kcal

「昼食」
●パンの缶詰 100g 339kcal
●シーチキン(フレーク) 80g 214kcal
●玉子スープ 7g 26kcal
●水
合計:187g 579kcal

「夕食」
●うどん 77g 391kcal
●かぼちゃいとこ煮 60g 73kcal
●おろしりんご 200g 112kcal
●水
合計:337g 576kcal

総合防災エサキ 〒500-8151岐阜県岐阜市大黒町3丁目1番地TEL 058-246-9373FAX 058-246-2446 お問い合わせはこちら

知恵袋

 
災害時のケーススタディ
ブログ
取り扱い商品
企業様向け
個人様向け
ショッピング
買い物の流れ
お問い合わせ
買い物の流れ
 

総合防災エサキ
〒500-8151
岐阜県岐阜市大黒町3-1
TEL 058-246-9373
FAX 058-246-2446

>>詳細はコチラ

お問い合わせ
買い物の流れ